古時計たちとの“の~んびり暮らし”を提案します!
初めての方もご安心下さい!アンティーク・クロック専門店です。
うずりん堂の古時計について=すべてオーバーホール修理調整、およびクリーニング済みです。適合する巻き鍵付き。すぐにお使いいただけます。
動作保証について=すべて12ヶ月の保証書をお付けいたします。
取り扱い説明書について=簡単な取説「HOW TO古時計さんとの楽しいお付き合い」と、設置方法の説明書「古時計を初めて設置されるお方へ」をお付けいたします。
古いものですので、当然のことながら、経年のキズ・錆び・色落ちなどあります。目立つものは必ず商品説明に書いておりますのでご確認ください。
良い所だけでなく、悪い所(傷みや不具合など)も正直にお知らせすることを、モットーにしています。ご心配な点は何なりとお問い合わせください。

時計サイト TOP100 ランキング
アンティークサーチ
ホーム初めての古時計♪Q&A♪

初めて古時計さんとのお付き合いを考えておられる方は、何かと分からない事だらけだと思います。うずりん堂がこれまでにお聞きしてきた質問などをもとにして、Q&Aでまとめてみます。
すっごい入口付近の話からはじめます(^^)。順番は思いつくままです。


★古時計ってなんだ~?★

Q:「古時計」って、「ふるどけい」?
A:「古時計」で検索すると、あの有名な歌「おじいさんの時計」がいっぱいヒットしてきます。あの歌詞に出てくるのは「大~きなのっぽのふるどけい~♪」ですね。読み方は何でもいいんです。「こどけい」と読む人もいますが、ボクは「ことけい」と読んでいます。「古民家」と書いて「こみんか」と読むのと同じかなと。

Q:古時計って、いつの時代のもの?
A:明確な規定などないと思います。でも一応、明治以前の和時計から、1970年頃までの機械式時計をさすと思えばいいのではないでしょうか。

Q:機械式というのは?
A:今の時計は電池や電気で動くのがふつうですが、それより前は、ゼンマイや錘(おもり)で動いていました。電気をまったく使わない時計を機械式と言っています。

Q:ゼンマイって、何?
A:弾く性質のある金属の板を渦巻き状にしたバネです。山菜の薇(ぜんまい)に形が似ているので、そう呼ばれました。ボクが子供のころは、おもちゃといえばゼンマイで動くものが普通でした。今の子供たちは「ぜんまいざむらい」は知ってますが、あの頭の上に付いているカギでギーギーとゼンマイを巻くことは知らないのかもしれませんね。

Q:ゼンマイを巻く穴はどうして2つ?
A:普通の古時計には、ゼンマイが2つ使われています。右側が針を動かすためのゼンマイ。左側がボンボンという音を打たせるためのゼンマイです。それで文字盤には左右に2つカギを入れる穴があります。ボンボンを打たない時計は、穴が1つです。また穴が3つのものもあります。ウエストミンスター打ちという「キ~ン、コ~ン、カ~ン、コ~ン」というメロディ打ちの時計です。

Q:なぜ振り子を使うの?
A:振り子には、長さが同じであれば、ふり幅が変わってもその周期(1回振れる時間)は変わらないという性質があります。それを利用して、機械を一定のリズムで動くように調節する役割をしているのです。

Q:実用になるの?
A:「実用」って何かが問題だと思います(^^;)。今の時代では秒単位でものごとが動くのですから、それを正確に計るにはクオーツか電波時計でないと、実用にはならないでしょうね。でも古時計は秒単位など関係ありません。明治大正昭和初期。バスや電車が10分くらい遅れても、何も問題にならないような時代。テレビだって、1日に何時間もテストパターンっていう静止画を延々と映していた時代。そんな時代の中では、ボンボン時計はまさしく実用品でした。
古時計は時間を正確に計るための道具ではありません。古時計は、時間の流れをゆっくり楽しむための相棒です。
でも言っておきましょう。秒単位で時間を細切れにしている現代人のほうが異常なのだと。ボンボンを聞きながら汽車を待ち、振り子をながめながら「授業はやく終わらないかな~」ってほおづえをついていた頃が、ほんとうの人間らしい暮らしだったのだと。
最後にひと言。本当は結構正確に動くものですよ。

★扱い方、むつかしそ~?★

Q:ゼンマイは何日に1回巻けばいい?
A:多くの場合、1週間巻きが普通です。「A WEEK」とか「EIGHT DAY」(8日目に巻くという意味)とかの表記はそれです。そのほか14日巻き、21日巻き、30日巻き、60日巻きとかあります。でもそれは一応の目安と考えたほうがよいでしょう。1週間巻きでも、時計によっては5日くらいしかもたないものもありますし、1週間以上のものもあります。また季節(温度・湿度)や環境によっても変わることがあります。ご自分の古時計さんがどんな調子なのかを観察しながら、きげんよく元気に動いてくれるよう手をかけてあげるのがいちばんです。

Q:毎日巻くのはダメ?
A:ゼンマイ巻くのが好きだから毎日でも巻きたい、という方もおられます。もちろんそれでもOKです。2~3日毎に巻くのでも、お好きにしていただいて結構です。止まってしまうと、また時刻合わせが必要になりますので、こまめに早め早めに巻くのは良いと思います。

Q:針の逆回しはダメ?
A:時針(短針)は軸にはめてあるだけですから、どちらにも回ります(ゆるんできた時は、時針の根元?を奥へ押し込んでください)。でも、分針(長針)は内部の機械と直結していますので、逆回しをすると無理がかかり壊れます。

Q:針とボンボンの数が合わない?
A:振り子の左上のほうに、機械のほうから細い針金が下がっていませんか?それを静かに上に押し上げてみてください。ボンボンの数が一つ進みます。ただし、分針が9から12の間にあるときは、一度12まで回してボンボンを鳴らしてから、先の作業を行ってください。(理由は長くなるので省略します。詳しく知りたい方はお尋ねください。)
また、針金が下がっていない時計は、別の方式です。分針を一度12までもっていってボンボン鳴らし、そのあと静かに9の位置くらいまで「コチ」という音がするまで逆回しします。その後再び12まで進めますと、ボンボンが進みます。それを繰り返します。
うずりん堂の古時計にはすべて、そのへんについての詳しい説明書をお付けしています。

Q:すぐに止まってしまう?
A:古時計はとても繊細です。環境にとても左右されます。とくにケースの傾きには敏感で、ほんの少しの傾きでも止まってしまう場合があります。すぐに止まってしまう時には、まず傾きをチェックしてみてください。傾きの調整は音で行います。カチコチ(チクタクでも、カタコトでもよいのですが)という音が均等に同じ長さで聞こえるように調整します。カーチコチとかカチコーチとならないように。慣れないうちは難しいかもしれませんね。ケースの下部を両手で持って、左右に1mm単位くらいで動かして、ベストポジションを見つけてください。さらに左右の傾きだけでなく、前後の傾き(横から見た傾き)も大事です。
うずりん堂では、この問題を解決するために、小さな円盤状の水平器を取り付けることにしました。レストア後の調整時に、もっともよい状態をキープできるようにこの水平器を取り付けます。お使いになる人は、時計を掛けた後、水平器の気泡が中心にくるようにケースを動かすだけでOKです。

Q:他に止まる原因は?
A:ゼンマイを巻き忘れた(^^;)これはロンガイ!忘れずに巻いてくださいね。たまに目一杯巻き過ぎて、ゼンマイが戻らない時があります。キチキチに巻かずに9割くらいにしておくほうがよいでしょう。
機械自体に不具合が出たとき。たとえばゼンマイが切れたとき(長期間使用すると切れることがあります。これは予測できません。まれにOHのとき切れかけたゼンマイを発見することもありますが、普通は突然バシッと切れます)。
それ以外に止まるのは、外部からの物理的原因が加わったときです。たとえば落下などの衝撃で機械に異常が出たとき。気温や湿度に急激な変化がおきたとき(以前、時計の下で炊飯器を使い出したら止まってしまった、というケースがありました)。
あとは取り扱いの不注意で、指針や振り子、機械に異変が生じた時、などなどです。
おっと、言い忘れましたが、以上説明してきましたのは、オーバーホールが近年に済んでいる時計の場合です。10年以上もオーバーホールをしていない古時計の場合は、すぐに止まってあたりまえです。

Q:オーバーホールは定期的に必要?
A:自動車と同じように考えていただければよいかと思います。動力源があって、それで歯車などの機械を動かし続けています。しかも時計は年がら年中休み無しです。いくらオイルを注していても、オイルの劣化や金属の磨耗が始まります。自動車のオイル交換や車検と同じように、定期的なオーバーホールが必要です。普通、5年に一度くらいと言われています。「動くからいいや」と言って使い続けると、磨耗が進み不具合が発生して、めんどうな修理になることもあります。適切なメンテナンスを続ければ、100年なんて普通に使えるのが、機械式時計のすごいところです。


★古時計さんと楽しく暮らすために★

Q:ボンボンを鳴らさない方法は?
A:左側のゼンマイを巻かなければ、伸びきった時点で鳴らなくなります。

Q:ボンボンを止めたり鳴らしたりする方法は?
A:赤ちゃんが寝たときは止めて、起きているときには一緒にボンボンを楽しみたい、というお母さんからの質問でした。なるほどと思いましたが、ちょっと難しいですね~。今の電池式クオーツ時計のように、スイッチON・OFFというわけにはいきません。そこで次の「小さくする」という方法を提案しています。

Q:ボンボンの音を小さくする方法は?
A:いちばん手軽で簡単な方法をお教えいたしましょう。渦リン(棒リンも同じ)にティッシュを挟み込みます。それだけです。「コン、コン」という感じで乾いた小さな音になります。ちょうどピアノのミュート・ペダルと同じ理屈です。


★機械のいろいろ★

Q:渦リン、棒リン、って?
A:「うずりん堂」の渦リンです。ボンボンという音を鳴らすリンです。金属の太い線を渦巻状にしたものです。それをハンマーでたたいて「ボ~ン」と鳴らすのです。江戸時代の和時計では、お椀型のリンが付いていました。「チ~ン」と鳴りました。明治になってアメリカやドイツから西洋時計が輸入されました。渦巻きになったそれを、渦巻き型のリン、つまり渦リンと呼んだのでしょうね。その後昭和30年代頃からは棒状のリンが使われはじめました。棒リンと呼んでいます。長さの少し違う2本のものを、2連のハンマーで打つのがほとんどです。初期には1本のものもありました。さらには複数本の棒リンを打ち分けて、メロディを奏でるものまで出てきました。

Q:30分には鳴らないの?
A:正時(分針が12)と半時(分針が6)と両方鳴る時計と、正時のみに鳴る時計とがあります。昭和20年代頃までの渦リン打ちの時計は、ほとんどが正時のみです。それ以降の棒リン打ちになると、ほとんどが半時にもなります。

Q:本打ち式というのは?
A:うずりん堂の「Midcentury Style」として紹介しています時計は、ほとんどが本打ち式と呼ばれる機械です。これは、それまでの機械とは、ボンボン(時打ち)の数の制御の仕方がまったく違います。従来からの機械では、大きな歯車に時打ちの数だけの溝を切り、さらにその溝を深くした所を作ることで、そこに爪が入り込んで時打ちを止める構造です。と言っても、言葉では分かりませんよね(^^;)。一応写真のっけます(それでも分からんってか?)。



それに比べて本打ち式は、写真のような黒いギザギザの巻貝みたいな部品を使い、時打ちをする直前に「今何時?」を確認する?しくみを作ったのです。これによって、時間あわせをするとき、これまでみたいにボンボンボンボン何度も鳴らして進める必要がなくなり、分針をグルグル回して時間を合わせれば、その次の時打ちから、自動的に?その時刻の数だけ打つようになったわけです。これは楽チン!という発明だったわけです。

★また、思いついた時に追加しますね(#^.^#)★
★お聞きになりたいことがありましたら、お問合せフォームからどうぞ!★

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス